院長の想い

院長の想い

p06_2p06_name

医療の現場では熱く

千葉南病院では患者さんが尊厳ある人生を送る事ができるよう、適切な医療・福祉サービスを提供し、医療・福祉の水準の向上に努めることを理念としています。そのためには、医師を含めた全職員が医療人としての誇りと責任を持って働ける職場でなければならないと考えています。医療の現場では熱く、全職員が千葉南病院で働いていることを自信、誇りに思うような病院づくりを心がけ、患者さんに「満足した、ありがとう」と言ってもらえる病院になりたいと思っています。

長年の取り組みにより、リハビリは患者さんの健康回復に非常に有効ということが分かってきました。寝たきりや家に閉じこもりがちな患者さんが再び自分の力で立ち上がり身の回りのことや外出ができるようになるためにも在宅往診を増やし患者さんのサポートを行わなければなりません。予防医学的な考えを医療の現場で広めることで社会につながると私は確信しています。

患者さんの健康を維持回復するために医師としてできること、それは医療行為だけではありません。患者さんにとって我々医師、スタッフの笑顔は最高の薬となります。優しい言葉も最高のスキルです。私たちと共に患者さんのために頑張っていきませんか。

院長プロフィール

浦島太郎伝説の伝わる香川県は紫雲出山ふもとの出身。病弱な弟に対する親身な医療体応をして下さった、水田医師に感銘を受け医師の道を志す。大学卒業後、医局に12年在籍、平成元年に千葉南病院を開院する。